ザ・ヒロサワ・シティ会館

2021年第18回ショパン国際ピアノ・コンクール覇者

ブルース・リウ ピアノリサイタル

1st stage of the 18th Chopin Competition in Warsaw Philharmonic Concert Hall . On pic: Bruce (Xiaoyu) Liu Photo by: Wojciech Grzedzinski Warsaw, Poland, 7th of October 2021

1年間の延期によりハイレベルな激戦となった第18回ショパン国際ピアノ・コンクール。その頂点に輝いた、世界の注目を浴びるピアニストのプレミアム演奏会!コンクールの感動を茨城で再び!

2023年 2月26日(日)14:00開演(13:00開場) 大ホール

●S席/6,000円(友の会5,500円) A席/5,000円(友の会4,500円)  学生席/1,500円 ※学生は大学生以下

 ※未就学児入場不可※学生席の販売はザ・ヒロサワ・シティ会館のみの取扱いになります。


出演

ブルース・リウ(ピアノ)

演奏予定曲目

ラモー:クラヴサンのための小品(クラヴサン曲集と運指法、新クラヴサン組曲集より)
 優しい嘆き
 一つ目の巨人
 2つのメヌエット
 未開人
 雌鶏
 ガヴォットと6つの変奏

ショパン:モーツァルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」の“お手をどうぞ”の主題による変奏曲 変ロ長調 Op.2 
ショパン:ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 「葬送」Op.35
ショパン:3つの新練習曲

リスト:ドン・ジョヴァンニの回想S.418

※予定曲目は変更になる場合がございます。予めご了承ください。


ブルース・リウ Bruce Liu


ブルース・リウは2021年の第18回国際ショパン・ピアノコンクールで優勝し世界の注目を集めた。

コンクールでの成功後直ちに世界ツアーを開始し、パリのシャンゼリゼ劇場、ウィーンコンツェルトハウス、ブリュッセルのボザール、東京オペラシティ、サラ・サンパウロ、フィルハーモニア管弦楽団との共演でロイヤル・フェスティバル・ホールに出演。またワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団とアメリカツアーを行い、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団、ポーランド国立放送交響楽団、NHK交響楽団、ソウル・フィルハーモニー管弦楽団とも共演。

これまでの特筆すべき出演にはクリーブランド管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、中国NCPA管弦楽団とのアメリカツアーが含まれる。

今後はロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団との初共演、モントリオール交響楽団とのヨーロッパツアー、ウィーン交響楽団との学友協会デビュー、さらにラ・ロック・ダンテロン、クラヴィア・フェスティバル・ルール、ラインガウ、エディンバラ、「ショパンと彼のヨーロッパ」、ドゥシニキ、グスタード・メニューインなどの音楽祭出演が予定されている。

ドイツ・グラモフォン専属アーティスト。ショパン・コンクールのライブ録音を収録したファースト・アルバムはフレデリック賞を受賞、グラモフォン誌のクリティックス・チョイスとエディターズ・チョイスのほか、2021年のベスト・クラシックアルバムに選出されるなど国際的に高い評価を受けている。

「私達が共通して持っているものは、私達がみな違っているということです」とこの若きピアニストは言う。中国人の両親のもとパリに生まれモントリオールで育ったブルース(シャオユ)・リウの人生は、常に文化的多様性の中にあった。ヨーロッパの気品、中国の幾千年の伝統、北米のダイナミズムと開放性―それが彼の姿勢、人格、個性を形成してきた。楽観性と笑顔をもって芸術家の道程をたどりながら、リチャード・レイモンドに学び、現在はダン・タイ・ソンに師事している。

ショパン国際コンクールとは

第17回ショパン国際ピアノコンクール本選より(2015年10月15日)
©Wojciech Grzedzinski
写真提供:ポーランド国立ショパン研究所

世界最高峰のピアノコンクール

ショパンの生まれたポーランド、その首都ワルシャワで5年に1度開催される国際ピアノコンクール。

100年近い歴史を持ち、世界3大音楽コンクールの1つでピアノコンクールでは世界最高峰と言われます。

若き奏者のみが参加できる選考会であるため、入賞すれば

これから世界に羽ばたく最高のピアニスト

として世界から認められたことになります。マウリツィオ・ポリーニ、マルタ・アルゲリッチ、クリスチャン・ツィメルマンなど、世界的ピアニスト達も過去の受賞者。数々のスタープレイヤーを輩出しました。

Photo by: Wojciech Grzedzinski Warsaw, Poland, 7th of October 2021
  Photo by: Wojciech Grzedzinski Warsaw, Poland, 21st of October 2021

ブルース・リウの偉業

最終選考まで実に4回に渡る審査・たった一ヶ月で行われる超過密スケジュール・1時間にも渡る演奏と過酷なコンクールに加え、

コロナ禍で延期となったことで

異例のレベルの高さとなったコンクール

そんな中

全ての予選をトップ通過

カナダ国籍で初の優勝

史上初、ファツィオリを演奏して優勝

とコンクール優勝だけでなく歴史に刻まれる驚異的な偉業を達成し、その圧倒的な実力が世界から認められました。

世界一位に輝いたブルース・リウの演奏はこちら

諸注意

※公演当日はマスクの着用、入場時の消毒・検温にご協力お願いいたします。

※ザ・ヒロサワ・シティ会館には専用駐車場はございません。お車をご利用のお客様は千波公園・ザ・ヒロサワ・シティ会館前駐車場をご利用ください。

なお、駐車台数には限りがございますので、できるだけ公共交通機関の利用または乗り合いでのご来館をお願いいたします。開場時間近くなりますと、周辺道路および駐車場が大変混雑いたしますので、お時間に余裕を持ってお越しください

チケットのお問い合わせ

ザ・ヒロサワ・シティ会館 029-241-1166(電話9:00~17:00 窓口10:00~17:00)

主催

公益財団法人いばらき文化振興財団