alignright

チェコといえば
スメタナ、ドヴォルザーク、ヤナーチェク
伝統都市ブルノが有する
チェコの名門オーケストラ!
本場の音、本場の楽団で
あなたの音楽に新たな1ページを

チェコの音楽を代表する作曲家といえば、 ベドルジハ・スメタナ、 アントニン・ドヴォルザーク、 レオシュ・ヤナーチェクです。
彼らが生きた時代のチェコは、ドイツ人とハンガリー人が大多数を占める一方で、スラブ人の民族独立を悲願とする気運が高まっていました。それを後押しをするように、彼らはチェコ国民音楽派を確立します。

スメタナは聴覚を失いながらも、≪わが祖国≫と題された6曲からなる交響詩を書きます。民族の偉大な過去を歌い、祖国への深く強い愛情が込められたこの曲は、毎年スメタナの命日に行われる “プラハの春 ・ 音楽祭” のオープニングに演奏され、 現代においても人々に音楽の祖として慕われています。
ドヴォルザークは、スメタナの意志を受け継ぎ “スラブ舞曲” をはじめ、チェコの民族主義音楽をさらに推進させ、世界に広めました。その後アメリカに渡り≪新世界≫を書きますが、まさにその時代が求めていた曲がチェコの 歴史から生まれたとも言えるでしょう。

チェコ国立ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団は、プラハに次ぐ第 2 の都市ブルノに本拠を置いています。
日本人がコンサートマスターに就任したこともあり、日本とも縁の深い楽団です。

演目
チェコ国立 ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団

公演日時・会場
2019年2月9日(土) 14:00開演(13:30開場)
茨城県立県民文化センター・大ホール

出演
指 揮  レオシュ・スワロフスキー
チェロ  マシュー・バーリー

演奏予定曲
スメタナ:交響詩「わが祖国」より“モルダウ”
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調 作品104
ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」

料金
S席  9,000円(割引なし)
A席  7,000円(割引なし)
B席  5,000円(割引なし)

※本公演は、県民文化センター友の会料金はありません
※未就学児入場不可
icon-info-circle友の会先行電話予約8/20(月)8:30~
一般電話予約8/21(火)8:30~
発売8/24(金)

公演日時 S席 A席 B席
2019年2月9日(土)
14:00開演

◎:空席あり △:残席わずか ☓:取扱分終了 -:取扱なし

発売日
8月24日(金)

託児サービス
託児サービスあり
2月1日(金)までに予約してください。

チケットの予約・お問合せ
■茨城県立県民文化センター 029-241-1166
■光藍社チケットセンター 050-3776-6184 http://www.koransha.com/
■MUSIC SHOP かわまた 029-226-0351
■茨城県庁生活協同組合 029-301-6150
■ヤマハミュージックリテイリング水戸店 029-244-6661
■水戸京成百貨店 029-221-2741
■チケットぴあ(Pコード:124-901)0570-02-9999
■ローソンチケット(Lコード:31319)0570-000-407
■e+(イープラス)http://eplus.jp/