【チケット好評発売中】
永遠に輝き続ける孤高の天才ピアニスト
フジコ・ヘミング ソロ・コンサート

(C)中嶌英雄

会場内は新型コロナウイルス感染拡大防止対策を実施しておりますので
お客様には、ご来館の際にマスクの着用・手の消毒・検温にご協力をお願い申し上げます。

【予定プログラム】

シューベルト:即興曲 作品 90
ショパン:ノクターン 作品 9-2、練習曲 「遺作」、練習曲作品 10-12 「⾰命」
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第 11 番「トルコ⾏進曲付き」
ドビュッシー:『ベルガマスク組曲』第 3 番「⽉の光」
ラヴェル:亡き王⼥のためのパヴァーヌ
リスト:ラ・カンパネラ他
※プログラムは変更になる場合がございます。

2021年5月20日(木)
会 場:ザ・ヒロサワ・シティ会館 大ホール
時 間:15:00開演(14:15開場)
料 金:全席指定
S席10,000円 A席8,000円
B席6,000円 学生席3,000円
※未就学児入場不可

チケットのご購入はコチラから!(会館Webチケットシステムへ移動します)
お電話はザ・ヒロサワ・シティ会館029-241-1166まで!

 

■フジコ・ヘミング(ピアノ)
第二次世界大戦前のベルリンで、日本人ピアニストの母とロシア系スウェーデン人デザイナーの父との間に生まれる。母の手ほどきでピアノを始め、東京藝術大学を経て、28歳にドイツへ留学。ベルリン音楽学校を優秀な成績で卒業。演奏家としてキャリアを積みバーンスタインなど世界的音楽家から支持を得るが、大切なリサイタル直前に風邪で聴力を失う。失意の中、スウェーデンへ移住しピアノ教師の傍ら、欧州各地でコンサートを続ける。1999年、ピアニストとしての軌跡を描いたNHKドキュメント番組ETV特集『フジコ〜あるピアニストの軌跡〜』が放映され大反響を巻き起こり、「フジコの演奏をもっと聴きたい」という視聴者からの要望が殺到し幾多に及び再放送され、続編「フジコ、ふたたび〜コンサートin奏楽堂」も放送される。同年発売ファーストCD『奇蹟のカンパネラ』は200万枚を超える売り上げという、クラシック界異例の大ヒットを記録し、いまだその記録を更新し続けている。